メイクに欠かせないクレンジングの必要性とおすすめ商品の探し方

商品の選び方

振り向いてカメラ目線

自分の肌質を知る

人によって肌質が異なります。
乾燥肌の人もいれば脂肌の人もいて、その両方だという人もいるでしょう。
乾燥肌の人にはオイルやリキッドタイプのクレンジングが合います。
逆に脂肌の人には、オイルタイプのクレンジングは合わないので、ミルクやクリームタイプのものが合うでしょう。
脂肌の人はニキビになりやすいという特徴もあるので、刺激を多く与えないものを使う事が大事なのです。
ミルクやクリームタイプのクレンジングは、肌に負担を掛ける界面活性剤の量も少ないというメリットがあります。
肌に負担の少ない商品は多くの人から人気を集めていて、どの店舗でもおすすめ商品として売り出されているでしょう。

メイクの濃さ

メイクはTPOに合わせたり、自分の好みのものを施したりとさまざまです。
ナチュラルメイクの人もいれば、とても濃いメイクをする人もいるでしょう。
メイクが薄い人が洗浄力の強いクレンジングを使う事はありません。
メイクが薄い人向けとして、店舗では界面活性剤の少ないミルクやクリームタイプのクレンジングがおすすめとされています。
濃いメイクをする人には、洗浄力の強いオイルタイプのものがおすすめとされているでしょう。
洗浄力が強いと肌に負担を与えてしまう点があります。
しかし、メイクを綺麗に落とさないという事の方が負担を大きくするので、オイルタイプのものを進んで使いましょう。
メイクの濃さが日によって異なるという人は、違うタイプのクレンジングを常備して使い分けする事がおすすめの方法です。

箇所によって使い分け

アイメイクとベースメイクとでは、使うコスメも成分も異なります。
アイメイクにはアイメイク用のクレンジングがあるので、専用の商品を使うといいでしょう。
アイメイクは、水や汗で落ちる事がないようにウォータープルーフ仕様のものが数多くあります。
ベースメイク用のクレンジングでは落とす為に時間を掛ける必要があるでしょう。
クレンジングの時間を長くする事で肌に負担を掛けてしまいます。
時間を短くする為には、アイメイクとベースメイクを別々で落とす必要があるでしょう。
アイメイク用の商品にも数多くおすすめ商品があります。
おすすめ商品の中には、するりとメイクが落ちるものが多くあるでしょう。

↑ PAGE TOP